読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩くひと_ヒロクレ日記

旅した土地の思いで 子どもと暮らす 日々雑記

福耳の季節

ママになぞなぞです。

なぞなぞだから1回しか言わないので、よく聞いて下さい。

幼稚園のお砂場を、お兄ちゃん先生がキレイにお掃除して下さっている時に、

きく組のお友だちが2人来て、それから、ばら組のお友だちが3人来て、

遊びましょうと言っている時に、うめ組のお友だちが3人来たんだけど、

そうしたら、きく組さんとばら組さんのお友だちが2人でブランコに行っちゃったの、

さて、お砂場には何人いるでしょう?

“えっ、なに? ん、もう1回!”

“ぶっぶー。1回しか言いませんと言いました”

最近あった、5歳児との会話。

文字という形で見ると、簡単なのに…。

今、“文字”という世界が無い世界に住んでいる未就学の子どもたち。

絵本の世界を耳コピした上で、原作にはないものの、それなりに場面に沿った言葉をつむいで遊んだりもする。

思考を組み立てる情報の大半を、耳から“音”として受け取っている。

“福耳”の季節にいるんだなぁ。