読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩くひと_ヒロクレ日記

旅した土地の思いで 子どもと暮らす 日々雑記

カステラ

081123_kasutera.jpg

子どもが体調を崩したので、カステラを焼いた。

私が子どもの頃、体調を崩すと必ず、母はカステラを大量に買ってきた。

学生時代、親元を離れてからも、送られてくる荷物の隅にカステラが入っていることが多かった。

カステラには玉子が豊富に使われていて、油脂は少ない。滋養にいい。

という信仰。

これは、御年102歳の祖父のものだ。

脈々と受け継いでいるなぁ、と苦笑いひとつ。

作り方を忘れそうなので、メモ。

081123_kasutera01.jpg081123_kasutera02.jpg081123_kasutera03.jpg

【材料】

玉子…4個(常温にしておく)

砂糖…120g

牛乳…50cc(温めて、はちみつを溶かしておく)

はちみつ…大さじ2

強力粉…120g

(サラダ油…大さじ2)

【作り方】

・新聞紙でボックスを作り、中にアルミ箔を敷き詰めておく

・オーブンを180℃で予熱をする。

・卵白を泡立てて、メレンゲにし、しっかり角だったら砂糖を少しづつ加えて、さらに混ぜる。

・卵黄を加えて、混ぜ合わせる。

・はちみつを溶かして、温めた牛乳を加えて軽く混ぜる。

・強力粉をふるい入れ、ゴムヘラでさっくりと混ぜ合わせ、最後にサラダ油を加えて、テカリが出るまで混ぜ合わせる。

・ボックスに流し入れ、表面の空気を抜き、180℃で15~20分焼き、表面に焦げ色がうっすらついたら、オーブンの温度を150℃に下げ、さらに40~50分焼く。

・焼き上がったら、ラップの上に逆さまに取り出し、ラップでくるんで1晩寝かせる。