読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩くひと_ヒロクレ日記

旅した土地の思いで 子どもと暮らす 日々雑記

幼稚園探訪・1

子どもの幼稚園入園適齢期が近づいてきているので、今年は、子どもの発散を兼ねて幼稚園探訪をする予定。

という訳で、本日がその初日。

“体験”を主眼にしている幼稚園で、ちまたで“とっても元気がいい・明るい・活発(・でも園外保育が多いので料金が高い)”と評判の園の体験クラスへ。

10:00頃、受付・参加料(保険料とおやつ代)200円支払い・親子とも名札書き~そのまま年長さんと園庭で外遊び(先生があちこちに声をかけ、上手い具合に年長さんと未習園児を交流させるようにしてくれる。男性の先生が多いのが印象的)。

10:40頃、おもちゃの片づけ。

年長さんの整列・挨拶・集団体操などを見学。その後、未習園児も一緒に“サンサン体操”を行う。

11:00頃、手を洗ったあと屋内へ入り、(ごあいさつをして)おやつタイム。子どものおやつ中に、園の方針(“体験・経験”を重視し、農業体験などを多く盛り込んでいる反面、学習的な要素は少ないという)・沿革などの簡単な説明を聞く。

その後、園児の保護者(有志)による紙芝居と絵本の朗読会。手遊び・体操(ダンス)をしてお開きに。

*ボーイ&ガールスカウトに携わっている園(先生にも指導者が多い)。

*初回は子どもながらに緊張しているものなので、何度か体験教室に参加すると、向き不向きがわかっていいのでは?とアドバイスを頂く。

*他人との比較ではなく、子ども自身の成長を認めて評価して欲しいという話あり。

*園児の保護者の中には、園に対する思い入れが強い人も多そう…。

**子どもの反応**

外遊びは楽しそうだった割に、屋内に入ってからの反応が全くなり、絵本・手遊び・体操いづれも参加せず…。進行のテンポがよく、遊びや曲が次々変わるので、展開が(ウチの子どもにとって)早すぎたのかも。ただ、周りが賑やかに盛り上がっているのは好きなようで、帰宅後も楽しげだったので、次回の体験も参加予定。