読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩くひと_ヒロクレ日記

旅した土地の思いで 子どもと暮らす 日々雑記

短いなぁ

110701_mari.jpg

ハムスターのマリが亡くなった。

2009年12月11日ー2011年7月1日(享年1年6ヶ月)。

ある夜、お世話をした時に、片目の異変をみつけて、翌朝病院を受診。

症状は結膜炎だが、原因は、ケージの中で頭部を打ったのだろうという診断。

点眼で1週間ほど様子をみることにする。

も、日に日に症状が目に見えてわるくなったため、再受診。

点滴をうけて帰宅したが、夜には危篤状態になり、翌朝亡くなっていた。

上の子が可愛がっていたハムスター。

寿命が2~3年と知っていて飼い始めたものの、小動物はあっという間に症状が進む。

1年半…。早いなぁ。

折しも、39℃代の発熱でフラフラの上の子。

症状が落ち着いている時間帯を見て、庭に埋め、花を手向けた。