読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩くひと_ヒロクレ日記

旅した土地の思いで 子どもと暮らす 日々雑記

年越しうどん

091231_01.jpg

年越しの、うどん打ちに挑戦。

091231_02.jpg

こねてこねて…

091231_03.jpg

ふんでふんでふんで、菊練りをしてから寝かせて…

091231_04.jpg

踏みながらのばした後で、麺棒でさらにのばして、たたんで、切る。

何故、大晦日にうどん打ち???

今やらねばならないの~??

ギモンは横に置いといて。

楽しかったら全てヨシ。

おまけに美味いときたもんだ(かなり腰がありやした)。

本年もみな様、お世話になりました。良い年をお迎え下さい。

*月刊かがくのとも11月号“みんなでうどんづくり”の絵本を読んでいて、うどんが打ちたくなっていたのは事実…。

*こちら、四国と近いこともあって“年明けうどん”なる習慣があるようです。

年明けうどんとは”(http://www.toshiakeudon.jp/about/

うどんは、太くて長いことから、古来より長寿を祈る縁起物として食べられてきました。

年明けうどん」は、純白で清楚なうどんを年の初めに食べることにより、その年の人々の幸せを願うものです。

年明けうどん」とは、元旦から1月15日までに食べるうどんのことで、メニューとしてうどんに紅いトッピングなどを添えます。