読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩くひと_ヒロクレ日記

旅した土地の思いで 子どもと暮らす 日々雑記

なんてもん売ってんだ!

と、岡山に越して来て驚いた、

“ずくし(熟柿)”

091103_01.jpg

わざわざ売るような物なのか?

誰が買うんじゃ?(まぁ、需要があるから供給があるのでせうが)

それより前に、どうやって作っとるん??

恐る恐る購入して、冷蔵庫でキンキンに冷やし、家人と賞味。

“う~むぅ…”(かなり繊維質だが、柿ジュレと信じると美味しい。“柿”の味覚に対する思い込みのせいなんだろうが)

“岡山、恐るべし…”

“いや、でも、谷崎が“ずくし”について熱く語ってるんだよねぇ、あれ“吉野葛”じゃなかったっけか”と彼(→柿ブログ“ずくし”へ)。

へぇ~。

*谷崎の“吉野葛”の文章中に、ずくしの作り方が記されており、合点(渋柿を賞味する一つの方法なのね、どうりで渋柿の形のずくししか売っていない訳だ…)。

*リンクを貼った“柿ブログ”の画像は、熟柿ではない。

*岡山のお店では“づくし”と書いて売られている。が、熟柿のため“ずくし”の表記に統一した。

*岡山のお店では他に、渋柿、醂(さわ)し、干柿(完成品だけではなく、後は干すばかりまで下処理した渋柿)、など売られている柿バリエーションが豊富!