読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩くひと_ヒロクレ日記

旅した土地の思いで 子どもと暮らす 日々雑記

江戸のご馳走

江戸のご馳走、まくわうり。 小振りなメロンのようで美味。

ゆうさん

山の家恒例、“ゆうさん(夕方散歩)”

小布施

小布施をぶらり散歩。 オープンガーデンをひやかし、 高井鴻山邸で妖怪やカラクリ屋敷を楽しみ、 桜井甘精堂の栗おこわに舌鼓。 栗の小径を抜けて、帰ろうか。

善光寺

暑い暑いといいながら、お盆過ぎの善光寺へ。 おみくじをひくと“凶”、引き直したところ“凶”。 彼が本気で気味悪がって、気分転換に長野駅前へ。 ちょっといい雰囲気の路線バスが来ましたよー。 だめ押しでもう一度おみくじを引くと、今度は“末吉” 何だかビミ…

苗名滝

苗名滝へ。 数年前の記憶では、鄙びた滝だったのに、いつの間にやら観光客であふれかえっていてびっくり。 ちゃっかりとじぃじの愛を掴む3歳児。 目を離したら、アホウ2匹が無謀な岩登りをしていて、肝が冷える。

野尻湖

苗名滝の混雑を抜け出して、 まったり、野尻湖畔でアイスクリーム休憩。

松代散歩

じぃじ、ばぁばを長野に呼んで、松代散歩。 それにしても長いなー。 真田家の武家屋敷や文武館などをぶらり散歩。 殿のお庭と殿のトイレ。

須坂市立動物園

須坂市立の動物園へ。 子ペンギンは魚を捕る練習中のため、愛のムチで育児放棄中の父ペンギン。 去年、脱走して隣接の公園の池でみつかったというペンギンは、飛んできた虫を思わずくわえてしまい、虫を扱いかねて四苦八苦していた(動いているものに反応し…

野尻湖さんぽ

てくてく歩いて野尻湖へ。 競争したり、甘味休憩したり。 やっと湖畔が見えました。 ボートで弁天島へ。

毒きのこなの? おしゃれきのこなの?

黒姫_御鹿湿原

戸隠宝光社

ひたすら登って登って、 よう登りました。 お参りをしてから、 "神さま"の御前を掃き掃除? いや、散らかしているようにしか見えませんが...。

小鳥の森ランチ('12.08.17)

忍術修行の後は、戸隠中社ほど近くの"小鳥の森(http://www.kotorinomori.jp/)"でイタリアンランチ。 あぁ、思いだすだけで、おなか空いてきたぁ...。

忍術修行deにんにん('12.08.17)

戸隠の"チビッ子忍者村(http://www.ninjamura.com/)"にて、忍術修行。 天狗の館、縄ばしご修行 屋根登り修行 水雲修行 天狗の館修行、再び。 煩悩修行......修行にならず。

笹ヶ峰牧場('12.08.13)

ドイツトウヒの森を巡り、 笹ヶ峰神社へ。 ご神木と、 むき出しの祠がとてもワイルド 清水でのどを潤し、さぁ、帰りますか。

夕、散歩('12.08.12)

野尻湖('12.08.16)

友だち親子が遊びに来てくれたので、まずは野尻湖へ。 サバイバルゲームではなく、神社におまいりに来ているのだが...。 淡々と詣でるふたり。 ボートで湖さんぽ。 ボート乗ったね、あの島にいったね、とでも語っているのか...。

黒姫童話館('12.08.10)

夏の思い出をボチボチ更新中。 黒姫童話館の読書ボランティアによる、1日紙芝居デー(!?) 青空の下で、紙芝居を堪能。

妙高高原いもり池('11.08.14)

小さい池ではあるけれど、1歳半児がほぼ全周歩く。先が思いやられる、この体力…。

ゴミ捨て道中

The盆('11.08.12)

本日、ちびっちょ(末子)&ママ合流。 お盆の善光寺を冷やかしつつ帰宅。

む・りーろ、ニンジャ!('11.08.11)…去何方

本日、戸隠のチビッコ忍者村にて忍術修行。

いざ、野尻湖('11.08.10)

山の家から、歩いて野尻湖へ(本日、子どもカメラマン)。 “この池の下に、ケシゴム落としちゃったんだよね~、子どもの頃” って、毎年聞いてるよ、パパ! 今年から閉鎖になったプール。淋しいけど…、毎年泳ぐには寒くて行けなかったんだよね。

黒姫高原・童話館('11.08.09)

パパと上の子たちが連れだって、一足早く“山の家”入り。 じぃじ、ばぁばと一緒に、黒姫高原の童話館へ。

御鹿湿原

黒姫童話館からフラリ迷い道。

戸隠_宝光社

“宝光社って行ったことないんだよなー”と、フラリ立ち寄った宝光社。 エライ階段だー、 ちょっと無理かもー と思う間もなく、階段を駆け上っていくコダマたち。 やっと本殿に着く。 本殿は文久元年(1861)擬宝珠銘とのこと(“おみやさん.com”内、宝光社記事…

戸隠_鏡池

高井鴻山邸

能書家・絵師(特に妖怪画に特色あり)で商家の高井鴻山の旧邸へ。 攘夷論、公武合体論を説き、論客を匿い、この火鉢を囲んで議論したという。 政敵からの襲撃にそなえ、住居には抜け穴、隠し扉などがある。 北斎を小布施に招いたり、 (齢80をこえ、請われ…

小布施

高校時代の友人が連れ立って、遊びに来てくれる。 “会うの、8年ぶりだよ” “えぇ~、もう8年経ったっけ??” 時の流れの早いこと(学生時代は時間の澱みが辛くてたまらなかったのに)。 友人たちの、変わらないこと。 わざわざ、遠くまで尋ねてきてくれたの…

善光寺詣で

お盆の善光寺。 奇しくも? お上人(御貫主も?)の退堂があり、お数珠を頂戴する。 宿坊。 善光寺は、天台宗の大勧進と浄土宗の大本願の2大寺があり、 大勧進の25院、浄土宗の14坊、合わせて39の宿坊があるとのこと。 もっと、善光寺の歴史や組織のしくみを…

野尻湖

遊覧船にのり、野尻湖弁天島へ 宇賀神社を参拝して (未だに現役)第三野尻湖丸で対岸に帰る。

黒姫高原

晴天の黒姫高原('10.08.10) しっとり小雨を浴びる牛たち('10.08.14) 午後三時を過ぎると、 徐々に霧が降りて夕支度('10.08.15)。

山のうち('10.08.09-08.23)

1年ぶりの山のうち。 足早に日ぐれてゆく。 山道を散歩していると 子どもたちがくっついてきたり、離れたり。

ちひろ山荘

黒姫童話館へ。 “ちひろ山荘”に向かう後ろ姿が、年々大きくなってゆく。 八幡平(@wikipedia)育ちのババちゃん懐かしのスキー板。

戸隠にて忍者修行

戸隠の忍者屋敷(@戸隠観光協会HPへ)へ。 ほぼ腕力で壁面を伝う。 ハックの家!? 冷やい!清水。

戸隠蕎麦

中社人気は、“駐車場の広さと、お蕎麦屋さんにあるよね~”といいながら、「徳善院蕎麦 極意」へ。 蕎麦もさることながら、山菜を使った、薫り高い小鉢が美味! 美味!なれど、ほとんど子どもの口に入ってしまい、大人のもとに残らず(泪)。

戸隠_中社

戸隠忍者からくり屋敷

長いようで短かった信州滞在を終え、帰路につく。 愛知への移動前に、戸隠の“忍者からくり屋敷”で一暴れ。 “からくり屋敷”は、ほぼ1年ぶりなので、仕掛けの記憶もおぼろげになっており、新鮮・楽しい。 仕掛け扉や、迷路、薄暗い部屋や、単純(に見える)和…

サンクゼールワイナリー

ワイナリーに不向きな一家で、サンクゼールのワイナリーへ(→@wikipediaへ , HPへ) 青々とした芝生のなだらかな斜面を、ひたすら走り回る子どもたち。 彼は、グラスワイン(白)1杯でダウン(!!) のんびりのんびりスケジュールのない夏休みの、最後の日…

桜井甘精堂泉石亭('09.08.14)

ランチというには遅すぎるランチを、桜井甘精堂泉石亭(→HPへ)で頂き、友人を送りに長野駅へ。

小布施点景

久々の更新も、 未だお盆頃の回想録である。

福島正則霊廟

岩松院裏手の、福島正則(→@wikipedia)霊廟へ。 関ヶ原の戦いの功により、安芸・備後50万石の大名となり善政をしくも、家康死後、将軍秀忠により信濃・越後4万5000石に減封され、信濃国高井野で薨じた福島正則。 広島の地で数年をおくり、度々信州に訪れて…

バランス感覚の妙?(小布施岩松院_'09.08.14)

北斎最晩年の大作、“八方睨み鳳凰図”の天井画が現存する、小布施の岩松院(→HPへ)。 89歳の作とは信じられないほど、色彩豊かで、迫力のある天井画にしばし呆然。 圧巻だった。 しっかし、閑雅な趣の中に、微妙に混在する俗っぽくpopな仁王像やら教え…

1日はまだまだ続く(“戸隠”_'09.08.13)

午後は、戸隠の中社参詣。 遅いお昼を“徳善院蕎麦 極意”(→HPへ)で頂き、奥社へ移動。 奥社へはいづれ参詣したい。 が、子どもたちが小さく、まだ参道を歩ききることができないので、いつも参道をゆるり散歩して引き返している。 子どもたちが参道の石を拾…

野尻湖弁財天

友人に、弁天さまは、音曲芸能だけでなく、学問も司る神さまだと教えてもらう。 小童が走りおるのぉ~

えっ!? やっぱりアヒルボート??('09.08.13)

台風もそれたのか、かろうじて曇天をたもったこの日、午前中は野尻湖へ。 今日は、黒姫山の稜線がほんのり見える。 目指すは、野尻湖弁天島。 でも、面舵船長さんのおかげで、ボートが同じ所をくるくる回っているような…。

朋来遠方('09.08.12)

今年は、山の家に友人が遊びに来てくれ、例年にない賑やかな数日を過ごすことができた。 初日は、長野駅で落ち合って、善光寺へ。 友人に会った興奮で、“お戒壇巡りをする!”と言い張る5歳児。 無理だろう… と思いつつ、全員でお戒壇巡りに列に並ぶ。 5歳…

夕暮れ

ご当地物に弱い

丸大豆ゴロゴロなのに、臭みが無くてまろやか、上品。 でも、丸大豆ごろごろなので、腹にたまる。

ふらり小布施('09.08.09)

日用品をそろえに車に乗ったはずが、美味しいお昼を食べたくなり、ふらり小布施の泉石亭へ。 (*日用品、揃えられず…)