読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩くひと_ヒロクレ日記

旅した土地の思いで 子どもと暮らす 日々雑記

再会

呉に行ったついでに、下の子の出産の時に、上の子が半年近くお世話になった保育園へ挨拶に寄った。 当時の担任の先生や、毎朝門のところで迎えてくれた副園長先生に再会。 “なかなかお昼寝ができなくて、廊下で課外授業(絵本読みやお絵かき)をよくしたわね…

呉の夜

転勤で呉を去る友人親子に会いに、呉へ行った。 5年前、不夜城東京から呉に越してきた時、あまりの暗さに寂しさを募らせた呉の夜景。 こんなに賑々しく感じるとは。 川面に細長く揺れる、街灯のオレンジの光を眺めながら、 呉の夜だなぁ、と ビールを飲んだ…

ひとり呉あるき

2008.11.30 麦っこ村主催の“子ども学セミナー2008”に参加するため、単身呉へ。

学祭アート

2008.11.16 *案の定(前項参照)、ほとんど何も食べられませんでした。ごめんなさい。 *彼に“名前覚えてます?”と直球を投げた方、その質問はタブーです。ごめんなさい。 何せ、連れ合いの誕生日も、子どもの誕生日もウロ覚えて…おりませぬ。 (保険証の私…

とうてつ庵

転居して以来、久々の“とうてつ庵”。 アレやコレや、何もかもを食べたいのだけど、とにかく田舎生粉蕎麦のセイロは外せない! と、温玉セイロの大盛りを注文 キノコ天も追加 久しぶりに会った、親父さんの笑顔にも癒され、 もう、これ以上何も食べられません…

ほたるかわ

久しぶりに呉へ。

さよならばす

呉の観光案内の足、ボンネットバス。 しっかし、お尻が長いというか、タイヤの位置がバランス悪いような気がするのは、気のせいだろうか…。

海釣り

新天地へ巣立つ人たちと一緒に、この土地での釣り修め。 倉橋にて。

冬の名残

引っ越しまであと3日。

いつもの朝

阿賀にて。

呉港の朝

松山観光港へ向け

ぶらり歩けば

酒王“大内山”(http://www.urban.ne.jp/home/hourou98/sake/ohuchi.html)の看板煙突 宇都宮黙霖終焉の地、澤原家土蔵(宇都宮黙霖/呉市の文化財)。 宇都宮黙霖翁、障害故に天命を全うし得たのかなぁと思いつつ。

たまねぎ

流れて何処どこゆくの そこまで夏が来ている

たまねぎ

流れて何処どこゆくの そこまで夏が来ている

直太郎は好きじゃございませんが、

直太郎は好きじゃございませんが、

かあさん

かあさん

現役

現役

海と

倉橋にて

海と

倉橋にて

雨の教会

雨の教会

海とのくらし

海に向かって鳥居が建つ。 桂浜神社にて。

この道は

いつかきた道。

海辺にて2

海辺にて

2006.11.21 桂浜

沖美ベジタ

家族でいちご狩りへ。 車で一時間強のところにある“沖美ベジタ”。 商売っ気がないのか、時間制限にもほどほど甘く、採っていい場所も(一家族で行っているのに)かなり広め。 働きものの蜜蜂さん。 いい仕事ができました。 採っても採っても、食べ頃いちごは…

カンカンカン

身体の方も黄信号です。 ギックリ腰で立てなくなるなんて、 ギャグのようにがに股へっぴり腰すり足でずりずり歩くハメになるなんて…。

ハト的

ハト目線 vivaアンテナ 追伸:廃墟ではない。現役“中ビル”商店街、買ったミカンは美味かった。

カレイに挑戦

引き潮 砂を手にまぶして… いっちょいきますか。 (彼が)釣り上げたカレイを入れると、ものの見事に水槽の底に敷いた砂と同化した。 ちなみに… 今日のポイントはこんな所でした(や~ポイントってほど全然全くさっぱり釣れなかったけれど)。

ガス灯と町並み

ガス灯 この土地にくるまで、川の水が潮加減で増えたり減ったりするなんて、想像つかなかったなぁ。

本日、旗日

バス乗り場 呉線はしる

ゆきやこんこ

午後4時。 ずんずんつもる けれども、すぐにビチャビチャ解けだす、冬も終わりの気配を漂わせる雪だった。

思い出したように…

通っている自動車学校は、とてもレトロな雰囲気を醸し出していて、この季節、風が人が何かしか通りすぎる時に窓ガラスがガタピシ騒ぐ。 通っている日数は大したことないが、すでに足かけ4ヶ月目に入った。大体、家人(といっても子ども)の病気で通学が中断…

江田島

江田島の“学びの館”。 旧久枝邸との由。 先週、子育て友だちと出かけた江田島巡りを家で心ゆくまで彼に自慢。 で、自慢しすぎて(彼におあずけを食った犬のような目をされた挙げ句)、1週間後ほぼ同じルートを今度は家族でドライブしていた。

大垣_ふれあい牧場再び

おっ、何か用かい? 新入りかい? 食えるかな? 美味いのか? こいつの方が新鮮だぜ。 美味いぜ、美味い。活きがいいのぉ。 父:まぁ、長い人生色々あるさ…

大垣_ふれあい牧場再び_番外編

おっ!? おおっ!! 海だっ。 (……と思ったかは定かではありません。)

大垣_ふれあい牧場

ふれあい牧場の哲学者たち。 マルコビッチならぬピタゴラスの穴 子育て友だち5人と、子どもを連れて江田島へ。 ふれあい牧場は、個人が運営している小牧場。ポニー、ヒツジ、ヤギ、ウサギ、インコ、ハト、ブタetc.柵の中に入って餌をやることもできる。 “探…

江田島_みかんがり

みかんが瀬戸内の眺望を独り占め。 美味いミカンだったなぁ(友人のご実家のご好意で、みかん狩りをさせて頂く)。 帰りのフェリーから見えた島。 家の近くのフェリー桟橋。 海から見ると、こんななん。 江田島=高校の修学旅行で延々舟を漕がされながら怒鳴…

走る車から撮ってみた

天応の近くの海 魚見山隧道 熊野あたりの紅葉

たばこや

三丁目の夕日を思い出した。

野呂山の紅葉

燃える でかけるときは、いつも曇天。 墨絵のように瀬戸内の島が見えたのですが…

倉橋

里ラムネ店 瓶洗浄から、ラムネ製造、検品まで全て手作りというラムネ店。 ビー玉が瓶から取り出せない、いわゆる、昔のラムネ瓶なので、歪んでいて無骨。 もう、ラムネ瓶も手に入らないため、廃業した業者から瓶をゆずりうけたりしているという。 昨年の御…

音戸

音戸大橋 渡し舟 “今は学生(高校生)しか乗らないねぇ…”と船頭さんが言う、渡し舟。 対岸まで3分足らずだが、初めての渡し舟に子どもの目はまん丸に…。以前は手漕ぎだったこともあるとの事。 このまま廃れずにいて欲しいな。 渡し舟乗り場前にて 音戸ロッ…

桂が浜海水浴場

呉市倉橋町の“桂が浜海水浴場”へ。 自宅から車で40、50分。 夏休みに入って初めての休日ということで、混んでいることを考え、少し遠め(音戸ではなく倉橋で)の海水浴場を目指す(多少混んではいたが、ゆったりと泳げるほど、のんびりしたもの)。 水は澄ん…

下蒲刈

(県民の浜) ここ下蒲刈は、かつて朝鮮通信使も逗留したことがあるという、歴史ある島。 官民一体の“全島ガーデンアイランド構想”によって、町並みが(町並み保存地区のように)整備され、美術館・資料館などが作られている。 (看板までレトロ) “松濤園”…

稚児公園(呉市安浦町三津口)

曇天の休日。ドライブがてら迷い込んだ稚児公園より、三津口湾をのぞむ。 稚児公園には、藤棚に平行して桜が、湾にのぞむ急斜面にはツツジが植えられており、きれいに整備されている(駐車場・お手洗いもあった)。初春~初夏にかけての花の季節はかなり人で…