歩くひと_ヒロクレ日記

旅した土地の思いで 子どもと暮らす 日々雑記

倉敷市

散歩初め

ようやく書き終えた賀状を投函ついでに、ぶらり初詣にでかけたのだけど、あまりの人波にそのまま通り過ぎて美観地区へ。 冬枯れのせいか、阿智神社がよく望めます。 ぶらり歩いて、大原家住宅からの、“今橋”。 意匠は児島虎次郎。少し前に城山三郎“わしの眼…

美観地区散歩

阿智神社からおりてきて、美観地区をふらり。 奥は、倉敷の鐘楼。 連休の中日のためか、人も多めの美観地区。 一休み、で頂いたお抹茶。

家族初詣

パズルで発狂しそうなので、気分転換に美観地区の阿智神社へ。 家族での初詣。 "天保十年"の鳥居を持つ、荒神社も詣でて、 さぁ、散歩しますか。

おとこ道中

父子3人で、海(沙海東海岸)デート。 あますほどのパンを持って出かけたのに、 成長期の2人がむさぼり食ったようで... 大黒柱が飢えきって帰ってきた。

夕暮れでえと

倉敷天文台(@wikipedia→http://ja.wikipedia.org/wiki/倉敷天文台)の月面観測会に参加した帰り道。 自転車でふらりふらり、5歳児と美観地区でえと "こえぇよぉ~、あの木(柳)のあたりにお化けが出るぅ~"って。 ご明察☆

早島のふれあいの森公園('12.05.05)

今日も山歩き。 下の公園は家族連れで混んでいるのに、山の中では人と会わない。 代わりにスズメバチと遭遇。 身構える両親。 大いに怯えて叫びつつ暴れる8歳児→かなりキケン。 武器として、木の棒と石を携帯する5歳児→気概は買うが、やめておけ。少々キケ…

散歩道

上の子たちはプール。2歳児と連れだって、夕刻の美観地区をぶらり散歩。 一里塚。

新年初日…

世の中の人が、初出勤している頃、 ようやく真ん中の子の熱も下がり、水泡もかさぶたになったので、初詣。 例によって、チャリンコde阿知神社。 今年、5歳児は墓地方面にいる“お友だち”に出会いませんでした(ちょっとホッ)。

春さがし('11.04.09)

真備の農道で春さがし 土筆…この頃めっきり見ないと思っていたけど、自分が気づかなくなっていただけ。

再び、海('11.03.06)。

地上絵

“ねぇ、作ってきた砂のお山、波でなくなっちゃったかねぇ…” と寝る間際に呟くこども。 “潮が満ちて、海の水が多くなってきとったもんねぇ” “消えてなくなったかなぁ…” “海の中になって、魚が隠れて寝てるかもよ” “魚のおうちになったかな? なったよね” いい…

はじめての海

上の子たちは、砂浜の、 足が沈みこむような感触や、打ち寄せる波を 怖がったり、気持ち悪がったりしていたのに、 末っ子は、ただただ、 だだっ広い海岸を縦横無尽に這いつくすのだった。

きらきらひかる

気がつけば家族5人…。

海だ!海だぁー!!(玉島_沙美東海岸)

久々、家族そろって、玉島の沙美東海岸へ。 ブログの方も、今年度(ヒロクレ)初更新。 今年も、細々続けていこうと思うので、どうぞよろしくお願いします。

後ろ姿の…

ぶらり歩けば

晩秋の景

秋きぬと

彼不在の休日。 元気が有り余っている子どもたちを山へ放しに行く。 蒸し風呂の中みたいな残暑なのに、よく遊ぶなぁ…。 耳にさやかに届かねど、目にうつる秋もあり。

美観地区点景('10.01.09)

広島から遊びに来てくれた若い方と一緒に、お土産さがしもかねて、美観地区をゆるゆる散策。 彼女は今年、成人式。(うっかりしていて、その時は気づかなかったけれど…) おめでとうございます♪

初散歩

粉雪がちらちら舞う寒さの中、初詣がてら、美観地区を散策。

餅つき会

下の子が、未就園クラス(月2回ほど)に参加している保育園の、お餅つき会。 “ご家族でどうぞ”とおおらかに誘って頂き、お言葉に甘えて……。 餅つきまで参加するお父ちゃん。 追伸:子どもたちは、園庭でかけずり回って泥団子になり、餅こねを断念。 つきた…

走っていい?

といつも聞かれる、田んぼ道。 いいんだけどねぇ~。 ここって、病院に来た時に通る道なんだよね。 …ということは、大体調子が悪いときに来てるはずなんだけどなぁ…。

冬が降ってきそうな…

久々、家族4人そろって、まち歩き('09.12.13)。 彼が、知り合いの方に教えて頂いた日本料理のお店“御膳房 指東”でお昼を頂く。 敷居が高そうなお店だったので、入り口で“子ども連れ”の旨を告げたら、快く奥の座敷を用意してくれた。 子どもを連れていても…

天使の階段

最近、週末に出張・仕事が入ることが多かった彼。 久々のオフ日に、子どもたちを連れ、玉島の沙美海岸へ。 いってらっしゃ~い♪ 本日の釣果。 それにしても、岡山はタコがかかるんだなぁ。 …という訳で、軽くゆがいてタコ飯にでも。 ゆがいてビックリ! タコ…

晩秋の阿智神社

お父ちゃんが出張で不在の土曜日。 子どもたちと、ゆるゆる散歩で、美観地区の阿智神社へ。

冬支度

刈り入れが終わり、田を焼く香りが町中に広がっている。

また来よう、

夏も来るし。

釣果

“引き潮だから、あんまり釣れないかもしれないけれど、まぁ、砂浜掘ったら貝がでるかもしれないよ”と釣り道具屋のおばちゃんに教えてもらうも、折角来たので、釣り糸を放る彼。 案の定、何もかかりませんなぁ… と思った頃に、針にひっかかってやってきた、タ…

海辺でたからさがし

子どもの日の沙美海岸にて。 ん、なんじゃこりゃ、 貝のシュノーケリング!? ウニ。 “むかし、裸足で踏み抜いた奴がいてさぁ~”という彼の話に、鳥肌ゾゾっ。

碧の洞窟

引き潮の砂浜で砂山つくり。 しみ出す水を流すための川をトンネルでつなげて、悦に入る三十路's

再び沙美海岸

すっかり気に入っちゃった沙美海岸へ。 広い所が好きで、人混みが(超)苦手な我が家にはうってつけの場所。 彼が釣り竿、上の子が自転車と砂場セット、下の子がキックボードとボール、私がフリスビーを持参。

玉島は…

若き日の良寛が、師とともに訪れ、修行した地であるという(→@おかやま人物往来のサイトへ)。

放牧

砂の城

満ち潮に洗われていくのである

ポニョ

波の置き土産

海だ海だぁー!! (沙美東海岸)

GW初日。 沙美海岸へ(→日本百選巡りのサイトへ)。

毛細血管

撮影/命名:相方

ぼくも、あるく

本日のお宝

平翠軒にて、森田酒造醸造・純米酒“萬年雪”(チンパラガラス瓶入り)、“土筆のグラッセ”、他。 蟲文庫にて原民喜作“夏の花”(蟲文庫文庫版) 蒜山土産の漬け物を添えて。

鶴形山公園へ

阿智神社と、そのすぐ側にある鶴形山公園へ。 “おともだちいる、あっち、バツ!” と、 神社に至る無人の小径の所々で2歳児が立ち止まるから怖かった、とは彼の談。

お幸せに

常套句ですが、私たちもいっぱい言ってもらいましたっけ。

そこに山があるからだ

友人に教えてもらい、早島森林公園へ。 森の中に、ワイルドなアスレチック遊具があり、大興奮の子どもたち。 ひたすら、登頂を目指す。 興奮のあまり、白鳥の居住区へ不法侵入してしまいそうである。

初詣

ふと思い立ってふらっと出掛け、商店街でお昼を食べ、“お年玉”を握りしめた子どもたちと駄菓子やで作戦を練り(?)、新年の挨拶に…と阿智神社を目指していたら、 あれっ、 呉の友だちに似ている子どもたちが、いる? いる?? ん?あっ、本人だっ! こんな…

さよならチボリ

ミカン地区へ行こうやぁ

“歩いてミカン(美観)地区へ行こうやぁ”と子どもが言い出し、ふらり散策へ。 “あぁ、呉に似てるねぇ” 急な傾斜の細道をみると、何とはなしに懐かしや。 手に手をとって、逃避行。2008.12.14

旅館“御園”ランチ

上の子どもの幼稚園のママ仲間と、旅館“御園”を予約しての昼食会。 急遽、転勤となり年末に他県へうつる友人と、転居のため今年度末で幼稚園を変える友人の送別会も兼ねて、ゆったりと。 こんな贅沢な時間を、子育てしている最中にもてるなんて、夢のよう…。…

クリスマス間近

ジィジバァバが東京から到着。 そのまま商店街を抜け、美観地区へ。 控えめなクリスマスアレンジ。 子どもは風の子 白壁が映える それにしても、寒いねぇ。

夕暮れの酒津公園

倉敷屏風祭り

倉敷、阿智神社の祭礼に併せて、2002年より復活されたという“倉敷屏風祭”へ。 “くらしきの宿 東町”所蔵、山岡鉄舟(→@wikipedia)揮毫の屏風 柿をみあげて 森田邸をひやかし… ジャズ喫茶アベニューへ

祭り寿司

“倉敷屏風祭”へ。 倉敷の阿智神社のお祭りと併行して行われる、本町・東町(・美観地区)の屏風祭。 祭りの楽しみの一つという、各店、意匠を凝らした“祭り寿司”(岡山名物“ばら寿司”の祭バージョンだと思われる)を頂く。 “くらしきの宿 東町”の祭り寿司 祭…

神様もご就寝中

阿智神社へ 絵馬堂 神様もご就寝中の午前6時。 参道の落ち葉を清めている老婦人や、クワガタ・カブト獲りの親子と挨拶を交わしながら、阿智神社を一巡りして帰宅。 と、庭で、 子どもをなだめつつ、偶然みつけた羽化しそこねたセミの幼虫の救済に腐心してい…